エジソンの発明あれこれ

エジソンは白熱球などの発明で発明王として有名です。
 
最近、エジソンの発明、研究について、ちょっとした話題になっていますね。
クイズミリオネアーで宮崎県の東国原知事への最後の問題1000万円
挑戦で、エジソンに関する問題が出たんですね。
 
エジソンの晩年の研究は何だったか?
四択問題で、2つを消去し、透明人間の研究か、死者との交信の研究か、
どっちかだったですね。
 
エジソンの晩年の研究の正解は死者との交信だった訳で、
東国原宮崎県知事は惜しくも1000万円を逃しました。
 
エジソンの発明としての功績は他に比するものがない位、独創的なものですが、
発明の中には、改良発明も多く、盗作の疑惑のものもあり、回りから誹謗中傷を
受けたことも記されています。
 
おおよそ、発明ということの中には、エジソンが全くのゼロから考えついたのか、
他人のアイデアを参考にして改良したのかどうか、判別が付かなかったものも
多いらしいですね。
 
アメリカの発明家であるチャールズ・ケタリングが「成功の99%は、今までの
失敗の上に築かれる」といっているそうですが、正に色々な人が失敗した事を
成功させてエジソンの発明としたものも多かったかも知れませんね。
 
エジソンは電話機の発明でもグレアム・ベルと争っているんですね。
電話機はベルの発明として有名ですが、今の電話機の原型となったのは、
エジソンが発明したカーボンマイクを使ったものっだったらしいですね。
 
エジソンとしては、電話機の発明も自分としたかったでしょう。
 
無線機の発明でもマルコーニと争っています。
これはマルコーニの発明となっていますが。
 
白熱電球についてはエジソンの発明として、世界的に有名ですが、
実は、白熱電球については全部が自分の発明ではないと主張しているんですね。
 
そんな発明の傍ら、人も死後でも肉体に魂が残っていると考えて、死者との交信の
研究をしていたと聞くと、何となく分かりそうな気がしますね。
 
エジソンの発明王としての発想でしょうが・・・・

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。